診療所と病院どちらで働く!?

皆さんは診療所と病院のちがいをご存知ですか?
医療事務の勉強をされた方は習ったことがあると思います。
病院は20床以上の入院施設を持つ医療機関のことを言い、診療所は無床もしくは入院施設が19床以下の医療機関を言います。ちなみに、○○クリニック、○○医院、○○耳鼻科や○○歯科などの名称がついている医療機関は診療所と考えてよいでしょう。

普段、あなたが医療機関を受診する際には、まず診療所に行き、診療所では対応の難しい検査が必要な場合に診療所からの紹介状を持って病院へ行きます。ちなみに、診療所にかからずに直接病院へ行くと、紹介状のない受診ということで、通常よりも高い費用が発生しますのでご注意ください。

では、医療事務の仕事をするにあたり、診療所と病院ではどのようなちがいがあるのでしょうか。
まず、診療所と病院では医療機関の規模が違います。規模のちがいは建物の大きさだけでなく、診療している標榜科の数、検査・手術・入院などの設備、さらに患者数や従業員数も大きく異なります。
また、一人の事務員が関わる仕事内容を比べてみます。診療所では事務業務だけでなく受付、医師や看護師の補助、カルテ管理、会計など複数の業務を担います。一方、病院では患者数が多いため、一人の事務員が複数の業務に携わると、業務がさばききれません。そのため、受付であれば受付専門の、医師や看護師の補助には医師事務作業補助者や看護助手などの専門スタッフが各セクションに配属される分業制をとっています。

診療所と病院で必要となるスキルのちがい

前述のように、診療所と病院では、一人の事務員が担う業務の幅が異なります。
診療所では、事務を行いながら患者対応を兼務することもあり、事務スキルと接遇スキルの両方が求められることが多々あります。
病院では、自分の担当業務に合ったスキルを身につける必要があります。分業制のため、一見診療所と比べて求められるスキルの幅は狭く見えますが、来院する患者さんが近隣の方だけとは限らないこと、様々な科があること、それに伴い扱う保険証の種類も多いことから、会計やレセプトなど担当する業務によっては幅広く深い知識とスキルを身につけていくことが求められます。
また、最近では病院でも複数の業務スキルを身につけていくことが求められつつあります。一つの業務スキルを獲得した先にステップアップを目指したくなったら、ぜひ他の業務にもチャレンジしてみてください。

診療所と病院の働き方のちがい

診療所は、診療所ごとにお休みが異なります。日曜日と平日1日か半日休診をする医療機関が多く、自ずと休診日が従業員の休日となります。
病院は、日曜日と土曜丸一日もしくは半日休診する医療機関が多いです。従業員の休みは担当業務により異なりますが、土日休みのセクションもあります。

どちらを選ぶ?

あなたは患者さんとどう関わりたいですか?
どんなスキルを身につけたいですか?
どんな働き方をしたいですか?
「診療所がよいけど、希望の曜日で働けるところはあるかしら?」
「難しそうで自分にできるか不安…」
と思われる方もいるかもしれません。
もし迷ったり、不安があったら、私たちがご相談にのります。
ご連絡をお待ちしております。

よく見られている医療での働き方サポートコラムは?

1位 医療業界が初めての方のお仕事選びについて 4375 view

2位 転職と医療関係でのお仕事について 3525 view

3位 医療事務員の需要 2901 view

エヌジェーシー相談室

エヌジェーシー相談室は今すぐ働きたい方や、まだ迷い中の方からの質問や
今更聞けないような素朴な質問に経験豊富な担当者がお答えいたします。

本社・東京支社

0120-58-4540

FAX:03-3231-4541

メール相談拠点情報

名古屋支社

0120-59-2755

FAX:052-589-8845

メール相談拠点情報

大阪支社

0120-06-5645

FAX:06-6136-3231

メール相談拠点情報

福岡支社

0120-57-5963

FAX:092-414-5515

メール相談拠点情報

お仕事紹介登録がまだの方

お仕事紹介登録(無料)

お仕事のご紹介にあたっては、まず「お仕事紹介登録(無料)」が必要です。