名古屋支社 愛知県内公立病院

ER-Aide(イーアールエイド) 池田 蓉亮 経験年数 3年1ヶ月

ER-Aideのお仕事に就こうと思ったきっかけを教えてください。

救急救命士の専門学校を卒業したということもあり、救急救命士の資格が活かせる仕事に就きたいと思ったのがきっかけです。入社後はまず救急外来の受付事務員として基礎を学び、その後ER-Aideとして、救命救急センター内で医師、看護師の様々なサポートを行う仕事をしています。この仕事に就くまで病院について詳しく知らなかったため、救急外来の受付事務を経験できたことが、今の仕事に役立っています。

ER-Aideの魅力ややりがいを教えてください。

医師、看護師と違い直接的な医療行為ができるわけではないですが、救命救急センターのチーム医療の一員として認められ、患者さんの命を救う仕事に関わっているというやりがいを感じます。私の勤める病院ではドクターカーを運行しており、私たちER-Aideがその運行管理全般を任されています。安全かつ1分1秒でも速く医師、看護師を救急現場に搬送することが、患者さんの予後に影響しますので、強い使命感を持って業務しています。
また、救命救急の現場で、治療に関わる多くの職種の方と関わること、そして何より臨床の現場で患者さんやその家族へ対応することが、他では得難い貴重な経験として、自分自身の成長につながっていると考えています。

非常に緊張感のある仕事ですが、大変だと感じることはどんなことですか。

例えば現在は、24時間365日、軽症から重症まで患者さんや救急車を原則断らない現場で勤めていますので、患者さんが大勢来院し待ち時間が大変長くなることもあります。中には似た氏名や症状の方もいて、患者さんの取り違えが起きるリスクが常にあります。しかし命を救う現場でミスは許されないためそのプレッシャーからストレスを感じることもあります。

仕事とプライベートの両立方法やお休みの時のリフレッシュ方法などありますか。

はじめは厳しいな、と感じた看護師さん達ともすっかり打ち解け、時々開催される飲み会や旅行、レクリエーションなどに積極的に参加することがストレス発散になっています。プライベートでの交流も大事にすることで、仕事のチームワーク向上につながると思います。

今後の展望はありますか。

ER-Aideという職業の魅力をなるべく多くの人に知ってもらい、民間企業に所属する救急救命士が、より多くの病院で活躍できるような道筋をつくりたいです。

今後このお仕事を目指される方へのアドバイスや激励の言葉を頂戴できますか。

ER-Aideは、特定行為などの医療行為を除いて、救急外来を幅広くサポートする仕事です。また、企業に所属することで、現場だけでは学べない事務的知識やビジネスマナー等が身につき、多くのご契約先との幅広い人脈つくりも可能です。
個人的には、新卒で入社して、会社の教育制度によって社会人としての基礎を学び、救急の医療事務を経験することで、学校では学べない医療機関の基礎を学ぶことができたことや、様々な医療職種の方と一緒に、患者さんの生死を目の当たりにする現場で業務できることがとても魅力だと感じています。もちろん、ERの先生や看護師さんからの信頼を得るために、学校で学んだ救急救命士の知識が一番頼りになりました。
社会から必要とされる仕事ですので、一人でも多くの仲間が増えたらと思います。

医療のお仕事レポート一覧

エヌジェーシー相談室

エヌジェーシー相談室は今すぐ働きたい方や、まだ迷い中の方からの質問や
今更聞けないような素朴な質問に経験豊富な担当者がお答えいたします。

本社・東京支社

0120-58-4540

FAX:03-3231-4541

メール相談拠点情報

名古屋支社

0120-59-2755

FAX:052-589-8845

メール相談拠点情報

大阪支社

0120-06-5645

FAX:06-6136-3231

メール相談拠点情報

福岡支社

0120-57-5963

FAX:092-414-5515

メール相談拠点情報

お仕事紹介登録がまだの方

お仕事紹介登録(無料)

お仕事のご紹介にあたっては、まず「お仕事紹介登録(無料)」が必要です。