ドクターカー運行業務

ドクターカー出動時の運転業務を中心に、現場や待機時の救命センターでの診療補助業務、物品補充業務などを行っています。

1日のお仕事の流れ

業務名 業務内容
A.ドクターカー出動準備車両点検、資器材・装備品の点検
B.ドクターカー出動消防からの要請で医師・看護師と資器材をもって現場に向かいます。
C.ドクターカー現着患者の診療補助や患者家族への説明・聴収、記録を行います。
D.救急外来診療補助業務・診療補助ドクターカー要請が無い待機時には、救命センター内で診療の補助業務を行います。受け入れ準備として、ストレッチャーやモニターの準備、受け入れ時には、モニター装置着、採血補助や、検体・患者搬送等行います。
E.環境維持救命センター内で使う資器材のチェック、消耗品の補充などを看護師と共に行います。

活かせるスキル・資格

[ 資格 ]
■緊急自動車運行経験
■患者等搬送事業
■救急隊員
■自衛官

[ 資格 ]
■コ・メディカル国家資格
■救急標準課程(救急?課程)

医療事務の経験と知識を持った方であれば、診療補助としての活躍の場所は沢山あります。
救急救命士、または同等の医療知識があると更に活用の場が広がります。

身に付くスキル

チーム医療の一員として業務することで、救急医療に対する理解が深まると共に、ミスが許されない状況でのコミュニケーション、チームワークの重要性が理解できます。

この職種の制服のポイントは?(色・形・機能性など)

院内では医師、看護師と同様のスクラブを着用します。ドクターカーによる出動時には、専用のアウターと感染防具を着用し現場に向かいます。
スクラブとは、半袖で首元がVネックになっている服です。手術の時にスタッフが着ている青や緑の服が代表的なものとなります。着替えが容易にできる事と、常に清潔を保つため、繰り返し洗っても丈夫な作りになっています。

この職種に必要な身だしなみ

清潔第一です。直接患者様に触れる事があるので、清潔にして感染防具を身に着けて現場に出動します。
患者様と近い距離で仕事をするため、髪の毛や爪の長さなど清潔を保ち、衛生面に加えて、患者様に安心感を持っていただけるよう心掛けています。

この職種に必要な接遇ポイント

急に起きた事態において、患者様や御家族の方に声掛けをしたり、聞き取りをすることがあります。動揺されている方に対して、落ち着いてゆっくり説明する事で、安心して適切な情報を頂けるように努めています。

ドクターカー運行業務のお仕事レポート

VOICE

ER-Aide

名古屋支社 愛知県内市民病院
ドクターカー運行業務 渡邊 翔太

よく見られている医療のお仕事は?

1位 健診センター受付 26451 view 一般の病院の受付と異なり、健康な方が健康診断を受け ...

2位 SPD業務 14639 view 病院内で使用するノートや鉛筆などの文具から医療器材 ...

3位 DPC業務(入院計算入力業務) 13256 view お仕事の概要 DPC(診断群分類包括評価)方式によ ...

エヌジェーシー相談室

エヌジェーシー相談室は今すぐ働きたい方や、まだ迷い中の方からの質問や
今更聞けないような素朴な質問に経験豊富な担当者がお答えいたします。

本社・東京支社

0120-58-4540

FAX:03-3231-4541

メール相談拠点情報

名古屋支社

0120-59-2755

FAX:052-589-8845

メール相談拠点情報

大阪支社

0120-06-5645

FAX:06-6136-3231

メール相談拠点情報

福岡支社

0120-57-5963

FAX:092-414-5515

メール相談拠点情報

お仕事紹介登録がまだの方

お仕事紹介登録(無料)

お仕事のご紹介にあたっては、まず「お仕事紹介登録(無料)」が必要です。