診療録(カルテ)管理業務

患者さまのカルテ搬送やフィルム搬送、カルテの管理、抽出、収納などその周辺業務を行います。将来的に病歴管理士や診療情報管理士を目指す人達の入り口として最適です。 ※医療機関により、業務内容は異なります。

1日のお仕事の流れ

※アルファベットは下記業務となります。
※下記の業務内容は、医療機関により多少異なります。

業務名 業務内容
A.業務前(救外カルテ処理)カルテ庫早出担当者は救外から入院した患者のカルテのアリバイを変更する。
前日救外にかかって、当日受診する患者の案内票を発行し、各科に送る。
B.予約カルテの抽出翌日予約の案内票の処理を行う。複数科受診の連絡票、入院中、他科の区別などを行う。カルテを出庫した後は、案内票とカルテをセットし、カルテがないものはアリバイを調べる。
C.再来カルテの抽出および検索当日受付された案内票をカルテにセットする。カルテが無い場合はアリバイを調べ、各外来にある場合はそれぞれに連絡し受診科に送ってもらう。
D.搬送作業当日受診のカルテ、レントゲンジャケット、その他依頼されたものや入院中の患者さまの他科受診の案内票を発行し、依頼科に搬送機器で送る。
E.レントゲン等の収納作業カルテ庫に送られた全てのレントゲン、心電図、マンモグラフィ、心エコー等、全てバーコードで読み取り、レントゲンジャケットが作られていない場合は新たに作成し、既にジャケットがある場合は日付を書いて収納する。全てが終了したら翌日の予約ジャケットの取り出しを行い、各科ごとに分ける。
F.検査伝票処理午前中の予約業務、当日再来のカルテ処理が終了したら、検査伝票の打ち出し、カルテに添付する。入院している場合は入院病棟に送る。
G.表紙替え患者情報が変更された場合に新たにカルテの表紙が発行されるので、表紙を差し替える。保険証のコピー等もカルテに挟む。
H.収納・抽出各外来から返却カルテの収納、追加分の予約カルテの抽出等を行う。
I.カルテの入れ替えインアクティブカルテ情報を抽出し、インアクティブファイルに入れ替え収納する。
※インアクティブカルテ:最終来院履歴の古いカルテ
その他インアクティブカルテ情報を抽出し、インアクティブファイルに入れ替え収納する。
※インアクティブカルテ:最終来院履歴の古いカルテ

活かせるスキル・資格

●PCスキル
●診療情報管理士
●病歴管理士

身に付くスキル

●病歴管理のスキル
●保険の知識
●カルテ解読スキル

この職種の制服のポイントは?(色・形・機能性など)

【色】
ブラウス・ワイシャツは白を着用

【形】
ベスト、スカート、ブラウス(女性)
ワイシャツ、ネクタイ(男性)

【靴】
女性はナースサンダル(指定)を着用
男性は靴を着用

【ストッキング】
肌に近い色(オークル系)を着用。靴下・ハイソックスの着用および素足は禁止。

この職種に必要な身だしなみ

患者様と直接、接する事はあまりありませんが、相手に不快感を与えないように、香水、アクセサリー等は控えています。常に清潔感をモットーとしています。

【化粧】
ナチュラルメイク

【髪】
肩についたら結ぶ。結んだ長さが10cm以上となった場合は上に上げます。
前髪は目に触れない長さ。まとめられない場合はピンで留める。
カラーも黒から7番までとします。

【爪】
指と爪の間に病原菌が入りやすく洗っても落ちづらいため、短く切ります。
着色のあるマニキュアは不可

【アクセサリー】
身に付けない。
但し、結婚指輪は許可していますが、手と指輪の間に病原菌が残り、繁殖しやすいため、手を洗う時には外します。差し支えなければ身に付けない方が望ましいです。

この職種に必要な接遇ポイント

医療従事者として「笑顔、挨拶、気配り」に気をつけています。朝の挨拶と「お疲れ様です」の挨拶、多忙な医師、職員の方等、電話をかける時「今お話してもよろしいでしょうか」の確認は、当然のことですが、意識をして行います。廊下などで、院内の場所をよく尋ねられますので、笑顔を欠かさず、聞き取りやすく、分かりやすいご案内に気をつけています。

診療録(カルテ)管理業務のお仕事レポート

VOICE

カルテ管理業務

名古屋支社 蒲郡市民病院
診療録(カルテ)管理業務 都築 弘子

よく見られている医療のお仕事は?

1位 健診センター受付 26451 view 一般の病院の受付と異なり、健康な方が健康診断を受け ...

2位 SPD業務 14639 view 病院内で使用するノートや鉛筆などの文具から医療器材 ...

3位 DPC業務(入院計算入力業務) 13256 view お仕事の概要 DPC(診断群分類包括評価)方式によ ...

エヌジェーシー相談室

エヌジェーシー相談室は今すぐ働きたい方や、まだ迷い中の方からの質問や
今更聞けないような素朴な質問に経験豊富な担当者がお答えいたします。

本社・東京支社

0120-58-4540

FAX:03-3231-4541

メール相談拠点情報

名古屋支社

0120-59-2755

FAX:052-589-8845

メール相談拠点情報

大阪支社

0120-06-5645

FAX:06-6136-3231

メール相談拠点情報

福岡支社

0120-57-5963

FAX:092-414-5515

メール相談拠点情報

お仕事紹介登録がまだの方

お仕事紹介登録(無料)

お仕事のご紹介にあたっては、まず「お仕事紹介登録(無料)」が必要です。