Hug SCHOOL(ハグ・スクール)は、
医療事務のお仕事を病院で実際に体験できるサービスです。

 

“ 頑張りたい ” を前に進めるために

はじめまして。Hug SCHOOLです。

Hug SCHOOLは、病院で実務を学んだり、病院で働く方々のお話を聞いたりすることができるサービスです。

病院で医療事務などのお仕事をはじめたいと思った場合、まずは資格取得のための勉強をしてみる、というのが一般的です。

でも、私たちがこれまで医療現場で働くための人材派遣や人材育成を行う中で、実際にお仕事をはじめた方からは次のような声がたくさん聞こえていました。

「病院の仕事に興味があったので資格の勉強はしてきたけど、それで本当に働けるのか不安だった」
「資格取得のための勉強は役にたったけど、病院で働くときに必要なことはまた少し違うものだった」
「働く前に病院の中を知ることができていたら、もっとスムーズに働けたような気がする」

そこで私たちは医療機関の方々にもご協力をいただき、病院で働かないと見ることができない場所や施設を見学したり、実際に医療事務を体験して知識や技術を習得できるようなスクールを開校することにしました。

経験は何よりも強い力になります。

Hug SCHOOLは「とにもかくにも経験しちゃおう」という学び方。
あなたの「知りたい」「やってみたい」という気持ちを少しでも前に進められたら嬉しいです。

 
 

“ Hug ” という名称に込めた想い

Hug SCHOOL の Hug は、
文字通り英語の「Hug」に加えて、育むの「はぐ」からとっています。

「Hug」は、抱きしめるとか包み込むといった愛情を示す身振り。
そこから、その地域に住む方々に寄り添い、愛情をもって包み込む、
そんなサービスにしていきたいという願いを込めています。

そしてもうひとつの 「育む」。
「育」という漢字は、その成り立ちを紐解いてみると、ひとり立ちできるまで助け導く、という意味が含まれる文字になります。

みなさんの不安や悩みを取り除いて、一緒にがんばっていきたい、
そういった私たちの強い意思がここに集約されています。
ロゴマークにも「育」という文字を取り入れています。

 
 

ロゴマーク

地域社会への貢献を目指していることから、ロゴマークは、コミュニティサークル=円形で枠取りし、中心に「育」の文字をデザインしました。

新緑がすくすくと育っていくイメージの若葉色と、植物を育てるために必要な〝水〟の色を使用しています。