名古屋  営業企画部 救急救護・地域支援課 三輪 琴未

Q1 エヌジェーシーに入社を決めた理由は何ですか?

救急救命士養成校在学時から、救急救命士の知識や技術を活かして消防機関以外で就業できないかと考えていました。

卒業後、エンターテインメントショーの安全確保・ショークオリティ維持のため、救護体制を整えているテーマパークのセーフティースタッフとして勤務をしました。テーマパークには、毎日多くのお客様が来場されます。中には、ハンディキャップを抱えられたお客様も来場されていました。パーク内を満喫し帰られる姿を見て、「もっと気軽に来場してもらうために、救急救命士の知識や技術をもっと活かせないか?」と感じるようになりました。

転職をし、福祉・介護タクシー業界で、患者様の通院の付き添いや外出・帰宅支援の仕事を経験しました。多くの患者様に出会い、「民間救命士(注1)として、これまでの経験を活かした仕事へ挑戦しよう」と思っていたところ、ER-Aide業務に出会いエヌジェーシーへ入社しました。

※注1 消防機関へ就業していない救急救命士

Q2 現在の仕事の内容を教えてください

現在は、営業企画部の一員として新規事業のER-Aide・ドクターカー運行業務の営業活動、社内BLS講習講師、体験型医療事務スクール「ハグスクール(注2)」BLS講義、学術研究の団体・会合での発表など、当社の救急事業に関連する活動に携わっています。

※注2 “見て・聴いて・感じる”をコンセプトに、当社が医療機関内で実施している体験型の医療事務スクール

Q3 やりがいを感じる瞬間は?

BLSやハグスクールでの講師活動では、テーマパークや福祉・介護タクシー業界で経験してきたことを活かした講義を実施しました。これまでの経験が、形を変えて活かされている時にやりがいを感じます。

Q4 会社の好きなところや魅力を教えてください

全社をあげて「救急」というキーワードのもと、新たな挑戦を試みるパワーがあるところが魅力です。

救急救命士のほとんどは、消防機関へ就業します。昨今、我が国では民間救命士の積極的な活用が注目されています。数年前までは、民間救命士に光が当たりませんでした。

しかし、当社では積極的に救急救命士を雇用し、同業他社にはない救急外来の受付事務員に救急救命士を配置する取組みや、ER-Aide・ドクターカー運行業務・ハグスクール事業を展開しています。企業に所属する救急救命士にしかできない仕事がエヌジェーシーにあるところが好きです。

Q5 これからチャレンジしていきたいことを教えてください

当社から多くの民間救命士が誕生し、全国各地で活躍してもらえるよう、ER-Aide・ドクターカー運行業務・BLS講習の拡大に向けてこれからも尽力したいと思います。生涯民間救命士として活躍していくためにも、自己研鑽に努め、失敗を恐れずに行動していきたいです。

就職を考えている方へ一言
はじめは医療機関で働くことへの期待や不安があるかもしれません。でも、エヌジェーシーは縦と横のつながりを大切にしながら、日々良いサービスが提供できるよう皆で努力をしています。皆さんがこれまで経験してきたことを最大限に発揮し、ぜひ一緒に可能性を広げていきましょう。

中途採用者からの声一覧へ